For all Lesbians

パートナーとの大切な関係の為に性病への知識や、付き合い方について体験をもとにご紹介します。

レズビアンも性病感染は他人事じゃない!

近年では、若年層の男女のカップルの間でも性病・性感染症が拡大しており、その中でも特に性器クラミジア感染症は、16歳~20歳まで女性の8人に1人が感染した事があるまたは、気付かずに感染していると言われています。

また、梅毒の感染者数も増加傾向にあり、個人個人が性病について知識を持ち、自分の体は自分で守らなければなりません。

では、同性愛者間の性病感染の状況はどのようなものでしょうか?

同性愛者の性病感染と言えば、男性同士(ゲイ)の方たちのHIV感染者の増加が話題になっています。日本での毎年のHIV感染者の8割は男性の同性愛者間での感染というデータもあります。

何故男性の同性愛者間でHIV感染が広がるかと言えば、アナルセックスによるHIVの感染確率が高い為です。HIVウイルスは血液感染するウイルスの為、肛門(直腸)の内部が出血しやすい事が原因です。

では、女性同士の同性愛者、レズビアンの皆さまの場合、性病感染は心配しなくても大丈夫でしょうか?

このサイトでは、全てのレズビアンの方たちへ、性行為による性病感染のリスクや性病の知識、予防法などについて詳しく紹介していきます。

 

結論:レズビアンでも性病感染する

残念ながら、女性同士の性行為で合っても、性病には感染してしまいます。
性病・性感染症は主に3つの感染経路があります。

 

レズビアンの性病の感染経路

一つ目はHIVや梅毒、B型肝炎やC型肝炎などの血液感染。

二つ目はクラミジアや淋病などの粘膜や粘液の接触による粘膜感染。

三つ目はケジラミやトリコモナスなどの小さな虫が原因の接触感染。

レズビアン同士の性行為によって感染の可能性が高いのは主に二つ目の「粘膜・粘液感染です」

 

 

感染する可能性がある行為

粘膜や粘液の接触による性感染は、主に下記のような行為で感染の可能性があります。

  • ディープキス
  • クンニリングス
  • アニリングス(アナル舐め)
  • 貝合わせ
  • ディルド・バイブ・ローターの使い回し

上記のような行為は、相手の喉の粘膜や性器の粘膜と接触する為、クラミジアや淋菌などの粘膜感染のリスクがあります。

性病感染者の膣液にはもちろんクラミジアや淋菌が混ざりますし、微量ながら唾液にも含まれます。その為、激しいディープキスを行うと相手の喉から自分の喉の粘膜に感染する可能性もあります。

 

 

レズビアンが感染する可能性のある性病

レズビアン同士の性行為による性病感染は、具体的に下記のような性病に感染する可能性があります。

感染の確率や、相手が感染している可能性が高いのはやはり粘膜感染するクラミジアや淋菌、喉に感染する咽頭クラミジア等がレズビアンの性病感染の大半を占めます。また、HIVや梅毒等の血液感染も、実際に過去に感染例があり決して他人事ではありません。

 

 

女性の性病感染はほとんど無症状

男性がクラミジアや淋菌に感染した場合は、尿道炎になる事が多い為、おしっこの際の違和感や痛みから「なんかおかしいな?」と感じて検査をしたり病院に行って発覚する事が多いですが、女性の場合クラミジアや淋菌に感染しても、ほとんど無症状のケースが多いです。

女性の性病感染の80%は無症状と言われています。また、咽頭クラミジア等の喉への感染も、ちょっと扁桃腺が腫れたり喉がいがらっぽい風邪みたいな症状で済んでしまうため、自覚するのは非常に困難です。

女性の性病感染は無症状で自覚する事が難しい為、不特定多数のパートナーと関係を持つ人は気付かずにどんどん人へ性病をうつしてしまうリスクがあります。

また、複数のパートナーと関係を持っていなくても、2年前、3年前のパートナーからクラミジア等をうつされたまま、気付かずにずっと感染していて新しいパートナーにうつしてしまう事もあります。

それだけ、無症状で性病感染を自覚する事が難しいという事です。

 

 

どうやって性病予防すればいい?

はっきり言って、性病感染を回避するには【粘膜同士の接触を避ける】事、もしくは性行為をしないくらいしか予防法がありません。

とはいえ、クラミジアや淋菌、HIVや梅毒など主要な性病は性行為なしには感染しません。その為、【性病感染していない特定のパートナーとだけ性行為】をすれば基本的には性病感染のリスクはありません。(浮気さえしなければ)

これは、男女の関係や男性の同性愛者の関係よりも比較的レズビアンの方は安心かもしれません。(個人的には)残念なのですが、レズビアン向けの性風俗やゲイの方たちのハッテン場のようなサービスや集まりが、まだまだ日本のレズビアンの中では活発ではありません。その為、不特定多数の女性と性行為を出来るチャンス自体が少ないと思います。

つまり、特定のパートナーがいる方は一回、性病検査を受けて性病感染をしていない事さえ証明できれば、そのパートナーとだけ関係を持っている間は性病の心配をしなくて済みます。また、過去のパートナーにうつされている可能性も否定出来る為、安心して愛し合う事ができます。

 

 

性病検査は何処で受ければいい?

性病の検査は、保険所、婦人科・産婦人科、性病クリニックなどで受診する事が出来ます。

保健所は無料で検査を受ける事ができますが、HIV検査だけしか受けれなかったり、結果を受け取りに後日保健所まで行かなければなりません。

婦人科や産婦人科、性病クリニックの場合はお金はかかりますがHIV検査等は即日で結果が分かる病院もあります。

個人的な体験なんですが、以前のパートナーがクラミジアに感染していた事が判明して私もあわてて婦人科で性病検査を受けたのですが、先生に色々聞かれます。「彼氏とはどんな性行為をしたの?」とか行為について結構詳しく聞かれます。

普通のカップルならいいかもしれませんが、私はビアンなので相手が男じゃない事とかを1から説明するのが恥ずかしくてしどろもどろになりました。結局クラミジアと咽頭クラミジアに感染していました・・・

 

郵送で出来る性病検査キットがある

ネットで検査キットを注文して、自宅で誰にも知られずに性病検査を受けるキットがある事をその後に知り、それ以降性病検査をする時は私は性病検査キットを利用しています。

性病検査キットは完全に匿名で検査を受けれますし、値段もそこまで高くありません。病院の保険適用で検査を受ける価格より少し高い程度です。

個人的には何よりも【人に色々説明しなくても検査が受けれる】というのがありがたくて利用しています。正直いろいろ説明するのは恥ずかしいので・・・(これは人によると思いますけど)

私は、パートナーが変わるたびにパートナーと一緒に性病検査を受けるようにしています。お互いが性病に感染していない事をはっきりさせる事で、心おきなく愛し合う事ができるのでおすすめです。

検査すべき性病は、HIV・梅毒などの重大な性病と、感染者が多いクラミジア・淋菌。あとはオーラルセックスで感染する可能性が高い咽頭クラミジアと咽頭淋菌(喉の感染)。

これらの6つの性病は最低でも検査したほうがいいと思います。

過去に色々な性病検査キットを使った事がありますが、GME医学検査研究所の性病検査キットが一番コスパも良くて、検査結果が出るのも早いのでおススメです。

 

 

まとめ

レズビアンでも性病感染は他人事ではない

今まで私も何人ものパートナーと出会って感じた事ですが、どうもレズビアンの人たちは「性病は男女間、ゲイが感染する病気」と決めつけている人が多かったです。性病に対して知識があって注意している人はほんの1人~2人くらいでした。

でも、私は過去に1回パートナーから性病をうつされた事があります。決して、性病は他人事ではありません。

お互いが性病検査を受ける事で、安心して愛し合う事ができる事が一番のメリットかなと今は思っています。
パートナーを守る為にも、もちろん自分の体を守る為にも、性病検査は大人のマナーです。

みなさんも、この機会にぜひ性病検査を受けてみることをおすすめします。

 

>GME医学検査研究所公式HPへ<<

 

 

おすすめの性病検査キットランキング

GME医学検査研究所

オススメ検査キットNo.1!
GMEは【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。
365日自社検査機関での検査、送料無料、局留め配達や個人名発送対応もOK。提携病院の数も2000件以上とダントツ。一番オススメできる検査キットです。

STD研究所

売上No1の老舗。サイトコンテンツも充実
GMEと比較すると少し割高ですが、人気の項目がセットになっていて非常に使いやすい。また、豊富な専門コンテンツでサイト利用者への情報提供も充実。

ふじメディカル

まとめて性病検査を受ける際は1項目当たりの検査費用は再安値。
しかし、喉の検査がうがい検査ではない、検査項目が少ない事がデメリット。

Popular Contents

1
レズビアンも性病感染は他人事じゃない!

近年では、若年層の男女のカップルの間でも性病・性感染症が拡大しており、その中でも ...

2
レズビアンが【安全】に出会う為の3つの方法

こんにちは。 幸恵です。 皆さんは、ビアンパートナーとどこで出会ってますか? 同 ...

公開日:
最終更新日:2016/06/18